2018-11

生活のこと

不登校で息子が学校に行かないときに親として感じたこと

ある日突然学校に行かなくなる・・・、まさか自分の息子が不登校になるとは思っていませんでした。学校に行かなくなり、その後11ヶ月間完全不登校になりました。その頃、不登校について色々なことを感じていました。不登校を経験した親として情報を配信します。
転校

中学生で不登校になり転校を考えるときに知っておきたいこと

中学生で不登校になると元に通っていた学校に復学することをまず考えます。中学生、次の進路である高校の事を考えると復学するよりも転校した方がよい場合もあります。転校しその後解決することができた我が家の息子の場合を含めて記事を配信します。
修学旅行

不登校になっても修学旅行に行って欲しいと思うのが親の本音では?

学校に行かなくなった子供は口では「行事にも行きたくない」といいますが本当は行事に参加して友達と楽しみたいと思っているのではないでしょうか?我が家の息子は復学(転校)後は各行事にも参加することが出来、修学旅行にも行くことが出来ました。我が家の息子の例に記事を配信します。
学校

不登校の子供が学校に行きたくないと言ったときに知っておきたいこと

中学生に限らず学校に行かなくなり不登校になった場合、子供自身が「学校には行きたくない」と言います。それは本当の事でしょうか?子供はなかなか心の中にある本当の気持ちを話そうとしません。「子供の本当の気持ちのこと」を息子の例も含めて記事にして配信します。
生活のこと

不登校の子供の平日の昼間の外出について知っておきたいこと

不登校期間中、平日の外出についての記事です。長期休暇中の外出や息子の不登校期間中の様子のことなどを配信します。
受け入れ先

不登校を受け入れてくれる中学、私立と公立ではどちらを選ぶべき?

不登校になった場合休んでる期間が短期間なら元の通っていた学校に復学することも出来ます。不登校が長期化し元の学校に戻るに長期不登校なるとその後に学校に通う場合、対応方法は独特です。私立の中学校に通っていて長期不登校になりその後公立の中学に転校して我が家の息子の場合を元にした記事です。
学校との関係

不登校の毎日の学校の先生への欠席の連絡方法で知っておきたいこと

中学生で不登校になると学校への連絡をどのようにすればよいかがわからない事があります。不登校、続けて学校を休むことが多くあります。そのような時、学校への連絡をする必要があるのかどうかがわかりません。中学生で不登校になった我が家の連絡方法のことを記事にしました。

子供が中学生で不登校になり親として考えていたこと

我が家の息子は中学1年の10月に学校に行かなくなりました。休みだした時はこれが不登校の始まりだとは全くわかりませんでした。完全不登校になり11ヶ月間の長期不登校期間中には何度も昼夜逆転もしました。そんな不登校期間中に考えていたことを記事にしました。
復学

中学生の不登校からの復帰は復帰後のことの方が重要な理由

中学生で不登校になると学校に復帰させる事をまず考えます。不登校になる状態はそれまでに色々な事が重なって起こりますので取りあえず復帰することだけを考えても復帰後に再び学校を休むことが多くあります。不登校になってしまうまでの事もよく理解し復帰後どのようにすれば継続した登校が出来るようになるかを記事にしました。
不登校の原因

中学生が不登校になるのは病気が原因だと言われていますが・・・

中学生で不登校になった場合、病気が原因と考えることもあります。確かに病気が原因で学校に行けなくなってしまった子供もいます。ただ学校に行かなくなった原因を病気だと決めてしまうことは正しいのでしょうか?自分の子供が学校に行かなくなった時には「原因は病気?」と思いましたが安易にそう決めるべきではないと思います。そのような事をブログ記事で配信します。
スポンサーリンク